MacBook Pro (13-inch, Mid 2010) のバッテリーを交換しました

mbpバッテリー交換

長年使っているMacBookPro(mid 2010)のバッテリーが弱ってきたので、交換することにしました。
いい加減新しいMacに買い換えようかと思うのですが、2018年の現在でもmacOS 10.13(High Siera)が使えるので。

バッテリーはノートパソコンの裏ブタを外して取り替えるだけなので、簡単です。

※ 改造はアップルサポートなどの保証が受けられなくなるので、くれぐれも自己責任でお願いします。

 

まずはバッテリーを購入

Macのバッテリーは家電量販店とかではあまり売っていることがないので、Amazonなど通販で取り寄せた方が早いです。

今回は純正品ではなく、World Plus(ワールドプラス)というバッテリーを購入してみました。
PSE法・ISO9001認証工場で製造されているので安全度が高いと謳っています。

WorldPlus バッテリー Apple MacBook Pro 13インチ 対応 A1322 A1278 ( 2009 2010 2011 2012 )

新品価格
¥6,990から
(2018/4/13 16:31時点)

 

バッテリーと付属品の確認

バッテリーが届いたら内容を確認します。
mbpバッテリー交換01

バッテリーとドライバーが2本付属しているので、他に何も用意する必要はありません。
mbpバッテリー交換02

保証書(1年)も付いているので、不具合があれば交換できます。
mbpバッテリー交換03

 

それではバッテリーの交換

MacBook Proをひっくり返して、小さいほうのドライバー(+00番)で裏蓋のネジを外していきます。
箇所によってネジの長さが違うので、きちんと並べて置いておきましょう。
mbpバッテリー交換04

 

手前の黒いのがバッテリーです。
mbpバッテリー交換05

 

以下の手順でバッテリーを取り替えます。
1.大きいほうのドライバーでセキュリティテープ横と、右側のネジを外します。
2.次にバッテリーを接続しているコネクタを外します。
3.左側のセキュリティテープを剥がします。
4.最後に中央のテープを引いて、バッテリーを取り外します。
mbpバッテリー交換06

 

外せたら、新品のバッテリーを逆の手順で取り付ければ完了です。
mbpバッテリー交換07

バッテリーは消耗品なので、なるべく手軽に交換できれば良いに越したことはありません。
とはいえ、購入時はちゃんとサポート対応してくれるところを選ぶと良いです。

本当はMacの場合は中古でも販売価格があまり新品と変わらないので、
新品を購入して、2-3年で下取りして新しいものに買い換えるのが一番かしこい方法なんでしょうけどね。
うっかり愛着が湧いて手放せなくなった人の参考になれば、幸いです。

[公開日] 2018年4月13日 / [最終更新日] 2018年10月31日 カテゴリー:改造


トップ

同じカテゴリーの記事