ポチッと押すだけ!初心者も簡単WordPressのバックアップ【Updraft Plus】

wpバックアップ01

WordPressは標準でバックアップ機能が付いていないので、バックアップする方法を記載しました。

バックアップだけでなく復元も簡単にできるものは限られてくるので、
ここでは「Updraft Plus」というプラグインを使用します。

バックアップの手順

 

WordPress管理画面のプラグイン>新規追加をクリック。
wpバックアップ01

 

1.検索窓に「Updraft Plus」と入力するとプラグインが出てきます。
2.「今すぐインストール」を押して「有効化」します。
wpバックアップ02

 

インストールができたら、設定していきます。
設定>「Updraft Plus Backups」をクリック。
wpバックアップ03

 

「Backup/Restore」タブの「今すぐバックアップ」をクリック。
up04

バックアップ項目のパネルが出てきますが、
1.デフォルトではたいてい上2つにチェックが入っていると思いますが確認。
2.「今すぐバックアップ」をクリックします。
up05

 

データが全てバックアップされます。
up07-1

バックアップが完了したら終わりです。
ボタンを押すだけなので、カンタンです。

元に戻したいときは、「バックアップ済み」の「復元」ボタンをクリックすると、
バックアップを取ったところまで元に戻ります。
up07

 

1.「設定」タブからバックアップのスケジュールを「手動」や「自動」に変更できます。
サイトを更新する回数が多い人は、自動で設定するのも良いですね。
2.バックアップしたい数を変更できます。
3.バックアップ先をDropboxやご希望の場所に設定することができます。
up08

 

Googleドライブにバックアップする

Dropboxでも良いですが、無料プランだと容量がすぐいっぱいになるので、今回は大容量のGoogleドライブにバックアップします。
「Google Drive」を選択して、「変更の保存」を押します。

google-drive01

 

ドライブを認証するか聞いてきますので、リンクアドレスをクリックします。

google-drive02

 

「Complete setup」をクリックします。

google-drive03

「許可」をクリックします。これで設定はOKです。

google-drive04

以降はバックアップすると、Googleドライブに保存されます。

google-drive05

手動でやろうとすると、サーバーからデータをダウンロードしたりと難しいワードプレスのバックアップですが、プラグインを使用することで楽に行えます。

ですが、.htaccessやconfig.phpなどのファイルは無料プランでは保存されない、基本的に管理画面に入れないと復元ができないので、有料プランならまるごと保存してくれるようです。

まるごとサイトをバックアップするなら「BackWPup」などが有名ですが、こちらは復元するには少し手間がかかります。

あれこれ考えるのが面倒くさい場合は、ふだんのバックアップや復元にはUpdraftPlusを使用して、
レンタルサーバーのバックアップ機能を使用するなどで使い分けると良いと思います。

[公開日] 2018年3月26日 / [最終更新日] 2018年11月8日 カテゴリー:WordPress講座


トップ

同じカテゴリーの記事