イラストにおすすめスキャナー・CanoScan LiDE 400レビュー

アナログで描いたイラストの線画をきれいにスキャンするためのスキャナーを探していたところ、手頃な薄型のフラットベットスキャナーがあったので購入しました。

Canon カラーフラットベッドスキャナ CANOSCAN LIDE 400

新品価格
¥9,750から
(2023/5/1 17:57時点)

スキャナーの読み取り方式はCISとCCDの2種類があって、ネットで見るとCCDのほうが高画質と言われているようですが、用途が主にアナログイラストの線画スキャンなので、安価なCISモデル(光解像度4800dpi)で十分すぎるくらいだと思います。
とか書いていて、スペックはどのくらいの差があるかなど全然ピンと来ていないのですが、最近のスキャナはどれも綺麗に見えるので。

付属品

本体とケーブル、縦置き用の台座、取り扱い説明書、ドライバインストールディスクも付いていましたが、Windowsのみ対応とのこと。Macの人はキヤノンのホームページからダウンロードします。

スキャナー付属品

設置してセットアップ

省スペース用に縦置きの台座が付いているのですが、スキャンする時に紙が置きづらいので結局この後プリンターの上に横置きしました。

電源はUSBケーブルから供給されるのでパソコンとスキャナーを接続するだけでコンセントは不要です。

イラストをスキャンしてみます

読み込みたいイラストを台に置いて、フタをしてはさみます。

メーカーサイトから自分のパソコン環境に合わせた「CanoScan LiDE 400」用のドライバ「Canon IJ Scan Utility」をダウンロードしてインストールします。

インストールされた「Canon IJ Scan Utility」を立ち上げます。今回はイラストの線画をスキャンするので真ん中の「写真」ボタンを押してスキャンします。解像度を上げるときは、右下の「スキャン設定」を押します。

スキャン設定の「写真」→解像度より600dpiまで上げられます。きれいに取り込みたい時は最高の600dpiにして読み込むと良いです。

解像度300dpiで読み込み。

解像度600dpiで読み込み。

並べて見ると、やはり600dpiのほうが線がきれいに見えています。原画は直径3cmくらいのイラストです。

今回は線画はこのまま使わずIllustratorで書く際の下絵にしただけなので、こんなに高解像度で読み込まなくても良かったのですが、線画を使う時の参考になりました。スキャンもどんなに解像度を上げても1分かからずに読み込んでくれるので、ひと昔前の1枚読み込むだけで時間がかかっていた頃に比べたら良い時代になったものですね。

手頃なスキャナーが欲しいかたへの参考になれば。

Canon カラーフラットベッドスキャナ CANOSCAN LIDE 400

新品価格
¥9,750から
(2023/5/1 17:57時点)

[公開日] 2023年5月9日 / [最終更新日] 2023年6月9日 / カテゴリー:WEBデザイン,イラスト


トップ

この記事を書いた人
ポポデザイン

ポポデザイン
西宮市在住のWEBデザイナー・グラフィックデザイナー・マーケター。 ホームページの制作からディレクション、イラスト、SEOなど制作からユーザーのサポートまで幅広く、初心者のかたも分かりやすい対応を心がけております。(プロフィール)
FacebookTwitterInstagram

同じカテゴリーの記事