エックスサーバーで常時SSL化「http→https」301リダイレクト転送設定をする方法

htaccessでアドレスをリダイレクト!

エックスサーバーで無料SSL(https)を取得したものの、httpのアドレスでアクセスしても表示されてしまう場合に手動でhttpsのアドレスに転送して、統一方法を覚え書きメモとして記載します。

今回は.htaccessファイルを直接触るのでかなりデリケートな作業ですが、
バックアップを必ず取っておけば大丈夫です。

https転送設定方法

まずはエックスサーバーのサーバーパネルへログインして、
「ホームページ」→「.htaccess編集」をクリックします。

https1

リダイレクトする独自ドメインを選択します。

https2

「.htaccess編集」をクリック。上級者向けと書いていますが気にしません。

https3

下記のタグをコピーして、書かれているタグの下に追記します。
httpsへ転送しますよ、という内容です。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>
https4

うっかり余分なスペースとか追加すると、エラーが出るので注意しましょう。
何かあれば、バックアップを取っておいたテキストファイルをまるごとコピペすれば元に戻せます。
追記したら、「確認画面へ進む」を押して完了画面が出ればOKです。

まとめ

ちょっと面倒くさいhttpsのリダイレクトですが、大体どこのサーバー会社でも手動設定になるので、一度書き換えてしまえばずっと使えます。アドレスを統一したい、アクセスをまとめたい人にはオススメです。

[公開日] 2019年11月26日 / [最終更新日] 2019年11月26日 カテゴリー:WEBデザイン


トップ

この記事を書いた人
ポポデザイン

ポポデザイン
西宮市在住のWEBデザイナー・クリエイター。 ホームページの制作からディレクション、イラスト、SEOなど制作からユーザーのサポートまで幅広く、初心者のかたも分かりやすい対応を心がけております。(プロフィール)
FacebookTwitterInstagram

同じカテゴリーの記事