ブログの文字数は長いほど効果的かについて考える

ブログの文章を書くにあたってどれくらいの分量を書けば良いかと聞かれることがあります。

内容によっては800字くらいだったり、3000字だったりするかも知れませんので、単なる長さではなくて読み手に今日もを持ってもらえて、内容を最後まで読んでもらえるようにすることが大切とお伝えしています。

極端な話、たとえ3行でも内容がきちんと伝わってアクセスが増えていれば問題はないです。
3行で魅力的な記事を書けることは少ないのですが。

ついつい本人の日記のような内容を書いてしまいがちですが、あまりそればかりだとSNSと変わりがないので、記事を残していく形のブログとしては商品情報など読み手の役に立つ情報や、見出しや改行などの読みやすさを意識して書いていけば、自然とアクセスは増えてきます。

とはいえ書くこと自体に慣れない場合もありますので、まずは無理のないように書くことが続くコツです。

スマホ表示での読みやすさも意識する

ブログにもよりますが、個人の方へ発信する場合だと特にスマホで閲覧されることのほうが多いので、1つの記事があまりに長文だと縦に長くなってしまうため、途中で読み飛ばされたり離脱されてしまいます。

書いている途中で、実際のスマホでの表示を見ながら読みづらくなっていないか、確認をしながら書いていくとコツがつかめてきます。

[公開日] 2021年11月26日 / [最終更新日] 2021年11月26日 カテゴリー:WEBデザイン


トップ

この記事を書いた人
ポポデザイン

ポポデザイン
西宮市在住のWEBデザイナー・クリエイター。 ホームページの制作からディレクション、イラスト、SEOなど制作からユーザーのサポートまで幅広く、初心者のかたも分かりやすい対応を心がけております。(プロフィール)
FacebookTwitterInstagram

同じカテゴリーの記事