MacのキーボードにロジクールK780を使ってみた感想

Macでも使えるキーボード

長年使っていたMacの純正キーボード(有線)がボロボロなので、そろそろ買い換えようと思ったのですが。
純正の白いキーボードはアルミボディで高級感があるのですが、汚れが目立つので取り扱いにとても気を遣います。
Windowsみたいにもうちょっと気軽に使えるキーボードはないかなと探していたところ。

ロジクール ワイヤレスキーボード K780のキーボードを見つけました。
WindowsとMacどころか、スマホやタブレットの端末でも使えるという多機能ぶり。

ロジクール ワイヤレスキーボード K780 Bluetooth Unifying ワイヤレス 無線 キーボード windows mac Chrome iOS Android 国内正規品

新品価格
¥5,945から
(2021/9/10 16:45時点)

良かったところ

さっそく購入した使用感ですが、程よく重みがあって薄型なので押しやすいです。
以前にK370sも使用していましたが、それよりも薄型で個人的にはこちらのほうが好みです。
キーが丸いのがおしゃれ。

ロジクールK780キーボード

電源を入れて、F1キーを押してBluetoothで使用します。簡単に認識できました。

ブルートゥース

一番よいと思ったのはコマンドキー(cmd)の位置です。
Windowsではコントロールキー(ctrl)にあたるキーですが、コマンドキーの位置がちょうどMacの純正に近く、親指をメインで「cmd+c」「cmd+v」とか各ショートカットが押せるところが素晴らしい。小指だとチカラが入らないんですよね。

コマンドキーの位置が親指

フリーソフトを入れるとキーボードの位置を入れ替えられるそうなのですが、やはり見た目のキーと実際に入力しているキーが異なるのは何となく気持ち悪いものです。
そういう意味で、このキーボードは個人的にアタリでした。

同じMac向けのバッファローの有線キーボードも持っているのですが、やはりcmdキーの位置が微妙に左にずれているので、親指では押しにくいのです。

ちなみにスペースキー左右の「かな」「英数」キーもそのままMac仕様で使えます。

押しづらいところ

Macのキーだけ薄いグレーで表示されているので表示キーがちょっと分かりづらく、たまに「かな」ではなくそのすぐ右の「ひらがな」とかうっかり押してしまうところです。
Windowsユーザーのほうが多いので、これは仕方がないですが。

カナキー

あとはMacで入力後、カタカナに変換するときは「ctrl+K」を押すのですが、一番遠い右下に配置されているので小指がちょっと押しにくいです。毎日触ってきたら慣れてくるので気にならなくなってきました。

コントロールキー

まとめ

手軽にMac対応のキーボードが使えるところは正直ありがたかったので、個人的にはとても満足しています。仕事でも使っていますが今のところ特に問題はないです。

[公開日] 2021年9月13日 / [最終更新日] 2021年9月14日 カテゴリー:コラム


トップ

この記事を書いた人
ポポデザイン

ポポデザイン
西宮市在住のWEBデザイナー・クリエイター。 ホームページの制作からディレクション、イラスト、SEOなど制作からユーザーのサポートまで幅広く、初心者のかたも分かりやすい対応を心がけております。(プロフィール)
FacebookTwitterInstagram

同じカテゴリーの記事