PainterClassicをWindows10で【メモリが足りません】のエラーを出さずに使う方法

PainterClassic

アナログ画材をデジタルで再現するソフト、Paingerの機能限定版、PainterClassic1.0JをWindows10にインストールして開こうとすると「メモリが足りません」のエラーが出て使えない状態に。
そもそもソフト自体がウン十年前と古すぎるのですが、多すぎない機能と水彩ツールの独特な「ぽてっ」「ざらっ」とした質感が好きで、何とか使えないものかとあれこれ触っていたら、無事に開けたのでやり方をメモしておきます。

まずはPainterClassicのインストールCDを起動し、インストーラーに従ってパソコンに入れます。ここまでは問題ないと思います。

メモリが足りませんのエラー解消方法

私の環境はメモリは4Gとこのご時世では少ないのですが、PainterClassicはメモリが1Gを越えると「メモリが足りません」とエラーが出て開きませんでした。というわけで、開く環境を前のものにすれば良いです。

painter1

PainterClassicのショートカットを右クリックして「プロパティ」を表示します。

painter1

「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、その下のシステムで「WindowsXP」を選択、OKを押せば完了です。

painter3

PainterClassicのショートカットを開くと、「この不明な発行元からのアプリが~」と警告が表示されましたが、気にせず「はい」を押して開きます。
起動まで1分くらいかかりましたが、立ち上がってしまえばあとは軽快です。

Painter4

まとめ

思ったより簡単な方法で昔の古いソフトが使えるようになって、とても嬉しいです。
Windows10でもPainterClassicを使いたい人にオススメの方法です。

[公開日] 2020年8月20日 / [最終更新日] 2020年8月20日 カテゴリー:コラム


トップ

この記事を書いた人
ポポデザイン

ポポデザイン
西宮市在住のWEBデザイナー・クリエイター。 ホームページの制作からディレクション、イラスト、SEOなど制作からユーザーのサポートまで幅広く、初心者のかたも分かりやすい対応を心がけております。(プロフィール)
FacebookTwitterInstagram

同じカテゴリーの記事