Squareはフリーランスのクレジット決済導入におすすめ

クレジットカード決済システムの1つ、Square(スクエア)を導入しました。

Squareは元々店舗向けのキャッシュレス決済ですが、オンライン決済も導入され、請求書を発行してカード決済してもらったり、毎月自動で引き落としてもらう継続課金のシステムもあります。

たくさんあるカード決済の中でSquareを導入した理由は、単に使用者が多いのと、何も問題なく使えているという意見が多かったからです。
こういうものは、周りに聞ける人がたくさんいるというのは安心できますので。
冒頭のタイトルは、そういった意味でのおすすめです。

決済のスピードも翌日もしくは翌週(口座による)と、早いのが利点です。

制作費はなるべくまとめて振り込んでもらうようにしているので今のところは出番はないのですが、支払い方法の一つとして揃えておくと何かあったときに便利です。

管理画面がわかりやすい

管理画面がシンプルなので、請求書を作成するのがカンタンです。
「請求書」をクリックして作成します。

メニュー画面

請求頻度も選べます。自動引き落としのできる、「定期請求書」や「見積もり」もあります。

申し込み方法

下記公式サイトよりすぐに始められます。

申し込みはすぐに行うことができ、審査も即日通りました。
JCBの審査は申し込み時に別で行うので、少し時間がかかります。決済手数料が異なるので、登録はどちらでも構わないです。
公式サイトの手順に従って入力していけば、問題はありません。

対面でカード決済する場合は、このような端末をスマホに挿して専用アプリをインストールして使用します。
最近は、端末が大きなものに変更になっていますが。コンパクトなほうが良ければこちらです。

Square端末

以前までは公式ショップから端末を購入してテスト決済をすると、端末費用がキャッシュバックされていましたが、現在は新規アカウント登録から90日以内に実際の売り上げで決済しないとキャッシュバックされないようになりました。

端末はネットがメインの事業であれば不要です。
後から欲しくなったら、アマゾンでも買えますので。

Square Credit Card Reader for iPhone, iPad and Android by Square

新品価格
¥1,480から
(2019/10/18 20:16時点)

銀行振込だけでもいいのでは?

導入したものの、今のところ当方は使用することがないので正直な話、銀行振込だけでいいといえば良いです。
そこまで急いで導入するものでもないですし。

現在はキャッシュレス決済がどんどん普及していますが、ネットでやりとりをするのが主なフリーランスデザイナーは銀行振込だけで対応しているところも多いです。

特に取引先が企業で事務の方がいらっしゃる場合は振り込みを忘れることはあまりないので、銀行振込で問題はないです。カード払いを嫌がる企業も多いですので。

ただ個人のお客さんの場合、時間を作って銀行に出向く必要があるので、毎月保守管理費用を振り込んでもらうのも手間がかかるので、何かあった時のためにと導入しました。

ネットバンクもありますが、意外と導入されていないかたも多いですね。

カード決済だと都合の良いタイミングで決済が可能ですし、支払いが翌月になるのでお金がない時でも支払いのリスクが下げられます。

まとめ

少し前までは個人がクレジットカード決済を導入するにはハードルが高かったですが、現在は手軽に審査・導入できるようになりました。

その反面、個人情報の取り扱いにはこれまで以上に気をつけて、安全に導入することが大切ですね。

特に必要がなければ導入しなくても良いですが、
フリーランスデザイナーや、他にはサロンや士業のかたなどにも向いている決済システムだと思いました。

[公開日] 2019年4月22日 / [最終更新日] 2019年10月18日 カテゴリー:フリーランス


トップ

この記事を書いた人
ポポデザイン

ポポデザイン
西宮市在住のWEBデザイナー・クリエイター。 ホームページの制作からディレクション、イラスト、SEOなど制作からユーザーのサポートまで幅広く、初心者のかたも分かりやすい対応を心がけております。(プロフィール)
FacebookTwitterInstagram

同じカテゴリーの記事