ホームページからの効果的なセールス撃退方法まとめ

セールス

商売をしていると、たくさんの営業・宣伝セールスの電話やメールが来ます。

当サイトでも時々よく分からないお問い合わせが来ることはありますが、企業や個人のお客様も「毎日のようにセールス電話やメールが来ますね」と相談されることもあります。

セールスのお問い合わせに埋もれて大事なお客さんからの連絡を見落としてしまわないよう、不要な連絡を減らす方法をご紹介します。

ホームページ内の連絡先に「セールスはお断り」と明記する

ありがちですが、けっこう効果的です。

ホームページの文言は見ない人は全く読まないですが、読む人には見てもらえるので、ひとこと文章があることで不要な問い合わせを最小限に食い止めることができます。

あまり長文を書くと怖いお店みたいで印象が悪く、逆にお客さまからの問い合わせを遠ざけてしまうこともあるので、さらっと簡潔に書くのが良いと思います。

なるべくお問い合わせはメールで希望と促す

少人数で運営していると業務中に手が放せなくてたくさんの電話応対ができないこともありますので、急がない内容はメールで連絡してもらうのも良い方法です。

さらに「セールスのお問い合わせは返信しない場合がございます」とあらかじめ明記しておけば、スルーしても不都合はないでしょう。

自動配信メールにご連絡を差し上げられないと入れる

お問い合わせページの内容を見ずにご連絡をいただくケースも多いです。
以前は一つ一つ返信をしていたのですが手が回らないのと、質問や事業の個人情報を聞かれたり、かえって期待を持たせてしまうことがありました。
ご連絡をいただいた際に送る自動配信メールに「営業・宣伝のご連絡は差し上げられない場合がございますのでご了承ください」と入れておけば読んでもらえるでしょうし、ご連絡を差し上げなくても気にしなくて済みます。

ホームページ内に電話番号を載せない

実店舗では難しいことも多いですが、オンライン上で主に仕事をしている事業には向いています。
実店舗の場合でもあらかじめホームページ上で「ご用件は留守番電話にメッセージをお願いします」と伝えておけば、不要な問い合わせは回避できます。

電話番号を複数持つ

電話番号が2つになるのと電話代が余分にかかることが難点ですが、例えば事務所の番号は掲載用に作っておき、綿密にやり取りをする常連のお客さまへは仕事用の携帯番号を伝えておくのも良いでしょう。

それでもセールスの連絡が来る場合

はっきり「必要ない」という意思表示をすることが大切です。
遠回しに「いま担当は不在ですので・・」などと言ってしまうと、また連絡が来てしまうのでお互い余計な時間がかかります。角を立てずにはっきり言いたくなければ「不在です」と言い続ければ大抵のかたはフェードアウトすることが多いです。

怪しそうな電話番号はネットで調べておく

ちゃんとしたお問い合わせの場合もあるので判断が難しいところなのですが、覚えがないのに執拗に連日IP電話や携帯で同じ番号から電話がかかってくるなど、何となく感覚で怪しいと思われるものはなるべく出ないほうが身のためです。
また、そういうところはネットでかかってきた電話番号で検索すると、親切な方々が口コミを書いてくださっていることもあるので今後のために調べておきます。

かかってきた番号の前に184をつけてかけ直してみる

何度も同じ番号からかかってくる場合は、番号の前に184をつけて非通知でかけ直して反応を見る方法もあります。
その時に「おかけになった相手は電話に出る事が出来ません。ご利用ありがとうございました」などのアナウンスが流れると、相手が非通知設定の電話を拒否しています。

その後も向こうからかかってきて留守電も残していない場合は出ないほうが安全です。

ホームページに掲載したら必ず連絡が来る

情報をネットに掲載したら、必ず色々な連絡が来ますので、とにかく来て欲しくない連絡手段は掲載をしないことが一番です。
ですが、載せなければ来て欲しいお問い合わせの連絡が来なくなり良し悪しなので、どの方法を取るのが自分の事業にとって良いのかを考えます。

まとめ

すべてのセールスが悪いわけではなく、セールスする側も仕事ですし、必要な情報を提供してもらえることもあると思います。

お互いのマッチングがうまくいくよう、「不要なものはいらない」とホームページ内ではっきり明記しておくことが効率の良い運用のコツです。

[公開日] 2019年6月18日 / [最終更新日] 2024年5月16日 / カテゴリー:WEBマーケティング


トップ

この記事を書いた人
ポポデザイン

ポポデザイン
西宮市在住のWEBデザイナー・グラフィックデザイナー・マーケター。 ホームページの制作からディレクション、イラスト、SEOなど制作からユーザーのサポートまで幅広く、初心者のかたも分かりやすい対応を心がけております。(プロフィール)
FacebookXInstagram

同じカテゴリーの記事