Jimdoで作ったページのバックアップを取る方法


簡単に誰でもホームページが作れるJimdoですが、データのバックアップは標準で付いてないので、自分で行う手順を説明します。

バックアップソフトを使わない方法

面倒なソフトをパソコンに入れずに保存できるところが手軽です。

保存したいページを1ページずつ開いて、上部の「ファイル」→「名前を付けて保存」を押して、保存していきます。テキスト情報と画像がまるごと保存されます。
ページを保存

画像はInternet Explorerでの表示です。GoogleCromeだと「名前を付けてページを保存」になります。
ブラウザによって微妙に表示項目が変わります。

もしくは、キーボードの「Ctrl」+「S」を押すと、保存の手間が短縮できます。

保存したファイルのテキストと画像を、手動でコピー・貼り付けて、作り直していく方法です。
10ページくらいの小規模なサイトに向いています。

 

バックアップソフト「HTTrack Website Copier」を使う方法

Jimdoの公式サイトで推奨しているバックアップソフト「HTTrack Website Copier」を使ってサイトのバックアップを取ります。

まずはソフトのインストール

HTTrack Website Copier」サイトから必要なソフトをダウンロード
上部の「Download」をクリックします。

jimdoバックアップ01

 

自分のパソコンに合ったバージョンをダウンロードします。
一番上は、Windows用の32-bit版です。

jimdoバックアップ02

 

ダウンロードしたファイルを起動すると、「実行」をクリック。

jimdoバックアップ03

 

インストーラーが開くので「Next」ボタンをクリック。

jimdoバックアップ04

 

「I accept the agreement」をチェックして利用規約に同意。
「Next」ボタンをクリック。

jimdoバックアップ05

 

インストール先のフォルダは特に触らず、「Next」をクリック。

jimdoバックアップ06

 

スタートメニューフォルダも触らずに「Next」ボタンをクリック。

jimdoバックアップ07

 

追加タスクを選択もそのままで、「Next」をクリック。

jimdoバックアップ08

 

「Install」をクリックしてインストールします。

jimdoバックアップ09

 

終わったら、「Finish」をクリックして完了します。

jimdoバックアップ10

 

バックアップをする

自分のパソコンに新しくソフトが入っているので、「HTTrack Website Copier」を起動します。
言語の選択画面が表示されるので、「Japanese」を選択します。横の「OK」ボタンをクリック。

jimdoバックアップ11

 

「次へ」をクリック。

jimdoバックアップ12

 

「新規プロジェクト名」に、バックアップするホームページの名前を英文字で入力して「次へ」ボタンをクリック。

jimdoバックアップ13

 

「Webアドレス(URL)」にバックアップをする、自分のホームページのURLを入力して「次へ」ボタンをクリック。

jimdoバックアップ14

 

他は触らずに、「完了」ボタンをクリック。

jimdoバックアップ15

 

バックアップが行われるので、終わるまで待ちます。

jimdoバックアップ16

 

バックアップが終わったら、「終了」を押します。

jimdoバックアップ18

 

自分のパソコンの「OS」フォルダ→「My Web Sites」フォルダの中に先ほどバックアップ名を付けたフォルダが出来ているので、その中にバックアップされた自分のホームページの画像やページが丸ごと入っています。

復元したいときは、この中身を手動でコピー・貼り付けしていきます。

jimdoバックアップ19

注意すること

・https://〇〇.jimdo.com/about/

などのように、ページの末尾が「英語」の場合は問題なくバックアップされているのですが。

・https://〇〇.jimdo.com/会社概要/

末尾が「日本語」の場合は、「文字化け」を起こします。英語に変更すると、問題ないです。
使用ソフトが日本語版ではないので、手間ですがこれは仕方がないですね。

まとめ

サーバーのデータが消えてしまった時など、これまでせっかく作った自分のホームページが無くなってしまうとショックですので、日頃からバックアップはしっかりと取っておきましょう。

2017年6月14日 2:36 PM カテゴリー:Jimdo


トップ