ホームページ相談でSNSのタイムラインを埋め込みました

ページプラグインのサポート

WordPressサイトにFacebookのタイムラインを埋め込みたいとのご相談がありましたので、サポートを行いました。

ページプラグインを使用

今回は「ページプラグイン」という公式プラグインでFacebookページのタイムラインを出力してくれるサービスを使用し、ホームページに貼り付けました。

あとはWordPressプラグインでのスマホ対応のやり方や、テーマの変更方法を説明しました。

いろいろご自身で調べて試されていましたが、なかなか難しくうまくいかなかったそうです。
ページプラグイン自体の操作は難しくないですが、よく聞かれる質問では

「コードをどこに貼り付ければ良いか分からない」
「希望するサイズにならない」などでつまずくことが多いです。

 

WordPressでの注意点

ご自分のFacebookページのアドレスや、好きな幅や高さを入力後、
「コードの取得」でタグの埋め込みは「IFrame」と「JavaScript SDK」がありますが、
WordPressサイトでは「IFrame」ではエラーが出たので「JavaScript SDK」で埋め込みました。

Step1と2のコードを2つともWordPressのウィジェットにでも貼り付ければOKです。

ページプラグイン02

[公開日] 2018年9月5日 / [最終更新日] 2018年9月5日 カテゴリー:サポートレッスン


トップ

同じカテゴリーの記事